永遠の憧れ「ロレックス」

永遠の憧れ「ロレックス」

高級ブランドの時計と言えば「ロレックス」だと考える人は多いと思います。もちろん私もその中の一人です。ロレックスを身に付けるというのは、男の憧れであり、ステータスでもあると思います。

 

電車に乗る事があり、座席がいっぱいだったため、私は吊革に掴まりました。隣にはどこにでもいるサラリーマン風の男性が立っていました。私はすぐに、その男性の吊革を掴む腕に目がいきました。

 

腕には、憧れの「ロレックス」の字が刻まれた時計が付けられていたのです。その瞬間、不思議なもので、普通の男性が、何か特別な雰囲気を漂わせた男性に見えてくるのです。それはロレックスの力である事は間違いありません。

 

私にとって、ロレックスの腕時計とは、それだけ魅力があり惹きつけられる時計なのです。ロレックスを自分で買って身に付けるというのが、生きている間に必ず叶えたい私の夢の1つです。