デイトジャストの思い出

デイトジャストの思い出

私には、学生時代から社会人になるまでずっと好きだった女性がいました。
彼女は大変育ちの良いお嬢様で、細い手首にはいつもロレックスのデイトジャストを身につけていました。

 

私は地方出身で、奨学金を受けながら大学に通う苦学生でありましたので、キラキラ光るお嬢様の彼女は、自分には眩しすぎて手の届かない存在でした。
淡い憧れを持ちながらも、一方で自身のコンプレックスを強くしていました。

 

社会人として10年が経った頃、年齢的にも質の良い時計が持ちたいと思い、ロレックスを手にしました。忙しく過ごしていて考えることはありませんでしたが、ふとあの頃の光景が蘇りました。

 

なんとなく切なくて苦い思い出なのですが、自分の努力でロレックスを持てるようになったことを誇りに思えました。これを見ていつも頑張ろうと、自分もデイトジャストの時計を購入しました。