夢のロレックス、デイトナを買いました

夢のロレックス、デイトナを買いました

僕は大学の時から起業の夢がありました。
そんな僕がなぜ起業をしたいと思ったのか、それは僕は下で使われるのが苦手だから上に立つしかなかったと言う方が正しいのかもしれません。

 

そんな大口を叩いていいる僕ですが、起業までの努力はやはりそんな簡単なものでは有りませんでした。
どれだけ人の力を借りないといけなかったか、一人では何も出来ないこと、それも大人になって行くに連れて分かりました。
そんな時に思ったのが、起業を成功したら思い切って憧れのロレックスのデイトナを絶対に買おうと言うことです。

 

33の時にいろんな人間に頭を下げて来た結果が出てやっと起業できました。
その時、僕は自分への気合も兼ねてロレックスのデイトナを買いました。
かなり高い買い物でしたが、僕の心は会社へとしっかりベクトルを合わせることができました。

 

42の今もその時の時計を見ると初心を思いだします。
今は会社も軌道に乗り順調ですがいつもの様に初心を忘れることなく
これからも時計を見ながら過ごしたいですね。